京都で制作する荒木漢一さんの瑠璃釉デザイン。
その作風は岐阜で磨いた大胆な風合いと
京都で育った美しいデザインが巧く溶け込む
現代の京デザインを表現しています。









荒木漢一/Kanichi Araki (Japan,Kyoto 1977 - )

1977年京都府 宇治市生まれ。  1999年京都府立陶工高等技術専門校卒業。  岐阜県 瑞浪市「夕立窯」にて修行。  2002年父荒木義隆の工房 宇治市炭山「笠取士半窯」にて創作をはじめる。  2004年信楽にて初個展。 


瑠璃釉片口 作家「荒木漢一」

価格: ¥4,320 (税込)
[ポイント還元 43ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 5.0 (1件)

twitter

京都で作陶する荒木漢一さんの深海のような
濃いブルーが美しい瑠璃釉デザイン。
食卓を新たな雰囲気に変えてくれます。

■素材  陶器 ■サイズ 径約16.5cm(口先含まず)  高さ約5cm
■手触り つるつるしています。
■重量  約320g

お客様のレビュー

みやちゃん。様 投稿日:2012年05月14日
おすすめ度:
深く澄んだ瑠璃色でとっても綺麗な片口でした。

早速、米の磨ぎ汁でコトコト炊いて丁寧に使いたいと思います。

和え物やポテトサラダ、果物を入れても素敵だろうなーっと思います(^-^)

関連作品

瑠璃釉 汲出湯呑 作家「荒木漢一」

¥3,240(税込)

在庫 2 客

数量:

瑠璃釉 湯呑 作家「荒木漢一」

¥3,240(税込)

在庫切れ

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展覧会

月、火曜日、第三日曜のメールの対応は翌営業日になります。

TEL・FAXは水~日曜日の11:00~18:00

万一、メールをお送りいただいたにも関わらず、
当店より返信が届かない場合は、大変お手数をお掛け致しますが、 再度ご連絡下さいます様、お願い致します。























ページトップへ